Ichie 結婚式のご祝儀&招待状管理 WEB受付サービス
利用規約

第1条 目的

① 本規約は、ジュノー株式会社(以下「弊社」といいます)が婚礼受付サービス(以下「本サービス」といいます)を利用するお客様(以下「利用者」といいます)に対して本サービスを提供するにあたっての契約内容、利用条件を定めることを目的とします。
② 弊社と利用者間の契約内容・利用条件は、本規約のほか、マニュアル及び利用者の契約申込み内容によって構成されます。
③ 本規約の内容と、マニュアル、利用者の契約申込み内容とが異なる場合には、本規約の規定が優先して適用されます。

第2条 定義

本規約において、以下の用語は以下の意味を有します。
① 「Webサイト」とは、https://ichie-jn.jp/をいいます。
② 「本規約」とは、この婚礼受付サービス利用規約をいい、「本規約等」とは、弊社と利用者間の契約内容・利用条件を構成する本規約、マニュアルおよび利用者の契約申込み内容をいいます。
③ 「マニュアル」とは、Webサイトで掲示される本サービスに関する手順に係る記載等をいいます。
④ 「イベント」とは、本サービスを利用して受付等が行われる婚礼等のイベントをいいます。
⑤ 「ホスト」とは、第3条第2項の通知を受けた個人をいいます。
⑥ 「ゲスト」とは、ホストから本サービスを通じてイベントに招待されるお客様をいいます。
⑦ 「利用者」とは、ホストとゲストの総称をいいます。
⑧ 「招待状」とは、ホストがゲストに本サービスを利用して送付するイベントの招待状をいいます。

第3条 アカウントの開設と取扱い、イベント延期

① 本サービスの利用を希望する個人(以下「利用希望者」といいます)は、Webサイトの登録フォームに所定の情報(以下「登録情報」といいます。)を入力してアカウントの開設をお申込みください。
② 前項のお申込みがあった場合、弊社は審査上適切な申込みと認めた場合には、アカウントを開設して、当該利用希望者に当該アカウントのID・パスワードを通知します。
③ 弊社が前項の通知を行った時点で、弊社とホストとの間に本サービスに係る契約が成立し、ホストは本規約等に従って本サービスを利用することができるようになります。
④ 弊社は、利用希望者が以下の各号のいずれかに該当する場合には、アカウントの開設を拒否することができます。
(1)未成年、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていない場合
(2)第11条第1項乃至第3項に定める表明保証に違反している又は違反するおそれがあると弊社が判断した場合
(3)過去に弊社との契約に違反した者又はその関係者であると弊社が判断した場合
(4)登録情報の全部又は一部に虚偽、誤記又は記入漏れがあった場合
(5)その他当社がアカウントを開設することが適当でないと判断した場合
⑤ ホストは、1つのイベントにつき1つのアカウントを開設してください。ホストがアカウント開設時に提供した登録情報と異なるイベントを開催する場合には、新たなアカウントの開設が必要となります。
⑥ アカウントの有効期間は、イベントの開催日とされた日から12か月が経過した日までとし、その後、アカウントは削除されます。アカウント削除後は、ホストは当該アカウントを使用して本サービスを利用することはできません。
⑦ ホストは、付与されたID・パスワードを自己の責任において管理するものとします。ホストは、付与されたID・パスワードを第三者に利用させてはならず、貸与、譲渡等をしてはなりません。
⑧ ホストは、アカウントの開設後に登録情報に変更があった場合は、直ちに自己の責任により登録情報の変更をしなければならないものとします。登録情報の変更を怠ったために生じた損害についてはホストが責任を負い、弊社は一切の責任を負いません。
⑨ イベント日程が延期になった場合は、本サービス内から日程変更が可能です。その際の手数料は掛かりません。
⑩ イベントのキャンセル、会場の変更、ホスト氏名の変更があった場合には登録情報の変更では対応不可となり、本サービスのキャンセルが必要となります。その場合にはキャンセル料は掛かりません。また、上記変更が有った場合は別途アカウントでの登録が必要となります。

第4条 基本サービス(招待状作成サービス・ゲスト管理サービス)

① ホストは、基本サービスとして、招待状作成サービス、ゲスト管理サービスを利用できます。
② 招待状作成サービスとは、ホストがWebサイトにおいて以下の手順で招待状を作成するサービスです。なお、招待状作成サービスには、招待状の送信は含まれておらず、招待状の送信はホストが自己の責任において行うものとします。
(1) ホストは、Webサイトにおいて、招待状デザインの選択、招待状への記載内容、送信先となるゲストなどの登録を行います(以下、登録されたゲストを「登録ゲスト」といいます)。
(2) ホストは、前号の登録完了後、Webサイトにおいて、当社から提供された送信環境を利用して、登録ゲストに招待状を送信します。
③ ゲスト管理サービスとは、ホストがWebサイトにおいて登録ゲストに係る氏名、住所、連絡先などの情報を確認できるサービスです。

第5条 権利関係

① 招待状のデザインの著作権は、弊社が保有し、本サービスの利用によっても、利用者に対して、譲渡、利用許諾権の付与は行われません。
② 招待状については、本サービスの利用を唯一の目的として、利用者に対して利用することを許諾します。利用者は、それ以外の目的で、招待状を利用することができません。
③ 本サイトの著作物に係る著作権は弊社が保有し、利用者に対しては一切の権利が譲渡または利用許諾されません。

第6条 個人情報管理

① 弊社は、登録情報その他の個人情報を、別途webサイトにおいて定める弊社の「プライバシーポリシー」に基づいて管理します。
② ホストは、ゲストの個人情報を取得した際は、別途定める弊社の「プライバシーポリシー」に準じて管理しなければなりません。弊社は、利用者による他の利用者の個人情報の管理について、一切の責任を負いません。

第7条 禁止事項

利用者が以下の行為を行うことは禁止されます。利用者が以下の行為を行ったと弊社が合理的理由に基づき判断した場合には、弊社はホストのアカウント削除、登録ゲストの登録抹消、または利用者に対する一時的利用中止をすることができるものとします。
(1)弊社、他の利用者若しくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
(2)他の利用者若しくは第三者の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
(3)特定個人の氏名・住所・電話番号・メールアドレスなど第三者が見て個人を特定できる情報を第三者に提供する行為。
(4)利用を停止された利用者に代わり登録をする行為。
(5)他の利用者若しくは第三者を差別もしくは誹謗中傷し、又は他者の名誉若しくは信用を毀損する行為。
(6)Webサイト上の全ページへの不正アクセス若しくはそれを試みる行為、不正な損害を与える恐れのある悪意あるコードをWebサイトへ配信し若しくはその配信を試みる行為、又はアクセス可能な本サービス又は他者の情報を改ざん、消去する行為。
(7)弊社又は他者になりすます行為(詐称するためにメールヘッダ等の部分に細工を行う行為を含む)。
(8)有害なコンピュータプログラム等を送信し、又は他者が受信可能な状態におく行為。
(9)他者に対し、無断で、広告・宣伝・勧誘等の電子メール又はメッセージ(以下「電子メール等」といいます。)若しくは嫌悪感を抱く電子メール等(そのおそれのある電子メール等を含みます。)を送信する行為。他者の電子メール等の受信を妨害する行為。連鎖的な電子メール等の転送を依頼する行為及び当該依頼に応じて転送する行為。
(10)他者の設備若しくは本サービス用設備(弊社が本サービスを提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器及びソフトウェアを言い、以下同様とします。)に無権限でアクセスし、又はポートスキャン、DOS攻撃若しくは大量のメール送信等により、その利用若しくは運営に支障を与える行為、又は支障を与えるおそれのある行為。
(11)サーバ等のアクセス制御機能を解除又は回避するための情報、機器、ソフトウェア等を流通させる行為。
(12)本人の同意を得ることなく、又は詐欺的な手段(いわゆるフィッシング及びこれに類する手段を含む)により他者の登録情報を取得する行為。
(13)弊社が事前に書面をもって承認した場合を除く、本サービスを使用した営業活動、営利を目的とした本サービスの利用、又はその準備を目的とした本サービスの利用。
(14)法令に基づき監督官庁等への届出、許認可の取得等の手続きが義務づけられている場合に、当該手続きを履行せずに本サービスを利用する行為。その他当該法令に違反する、又は違反するおそれのある行為。
(15)本サービスの運営を妨害する行為。
(16)他の利用者又は第三者が主導する情報の交換又は共有を妨害する行為。
(17)信用の毀損又は財産権の侵害等のように弊社、利用者又は他者に不利益を与える行為。
(18)長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行い、又は義務や理由のないことを強要し、弊社の業務に著しく支障を来たす行為。
(19)上記各号の他、法令、又は本規約に違反する行為。
(20)公序良俗に違反する行為(暴力を助長し、誘発するおそれのある情報又は残虐な映像を送信又は表示する行為や心中の仲間を募る行為等を含む)、その他迷惑行為。
(21)上記各号のいずれかに該当する行為(当該行為を他者が行っている場合を含む)を助長する目的で他のサイトにリンクを張る行為。
(22)その他弊社が利用者として不適当と判断した行為。

第8条 規約違反への対処

① 弊社は、利用者の行為が本規約に反すると判断した場合に、弊社の判断により、当該利用者に何ら通知することなくして、本サービスの一時停止、アカウントの削除等の必要な措置をとることができるものとします。
② 前項に基づく弊社の対処に関する質問、苦情は一切受け付けておりません。弊社は、前項に基づく弊社の対処につき、利用者に対し、当該措置によって被った一切の損害について責任を負いません。
③ 利用者は、自らが本規約違反等の行為を行ったことにより弊社に損害(第三者に損害が生じ、その損害について弊社が填補した場合を含む)を生じさせた場合、その一切の損害について、弊社に対して賠償する責任を負うものとします。

第9条 反社会的勢力の排除

① 利用者は、現在または将来にわたって、自ら(法人の場合は役員もしくは従業員等を含む)のいずれも、次の各号の反社会的勢力のいずれにも該当しないことを表明しこれを保証します。
(1)暴力団
(2)暴力団員
(3)暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者
(4)暴力団準構成員
(5)暴力団関係企業
(6)総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ
(7)その他前各号に準ずるもの
② 利用者は、現在または将来にわたって、前項の反社会的勢力または反社会的勢力と密接な交友関係にある者(以下、「反社会的勢力等」と言う。)と次の各号のいずれかに該当する関係を有しないことを表明しこれを保証します。
(1)反社会的勢力等によって、その経営を支配される関係
(2)反社会的勢力等が、その経営に実質的に関与している関係
(3)反社会的勢力等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関係
(4)その他反社会的勢力等との社会的に非難されるべき関係
③ 利用者は、自らまたは第三者を利用して次の各号のいずれの行為も行わないことを表明しこれを保証します。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)取引に関して脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、偽計または威力を用いて相手方の信用を毀損し、業務を妨害する行為
(5)その他前各号に準ずる行為
④ 利用者は、弊社が前3項の該当性の判断のために調査を要すると判断した場合、その調査に協力し、これに必要と判断する資料を提出しなければなりません。
⑤ 弊社は、利用者が反社会的勢力に属すると判明した場合、当該利用者に対して何らの通知、催告を要せず、また弊社の債務の履行提供をせずに直ちに、当該利用者のアカウント削除・ゲスト登録抹消を行うことができます。
⑥ 前項の場合、弊社は当該利用者に対して損害を賠償する責を負わず、また、これにより弊社に損害が生じた場合は、当該利用者が賠償しなければなりません。
⑦ 弊社は、利用者が反社会的勢力に属すると判明した場合、当該事実を警察その他の機関に通報することができます。利用者は、かかる通報につき、通報する者の秘密保持義務を免除します。

第10条 サービスの中断・終了

① 弊社は、利用者にメール・SNSで通知しかつwebサイト上にて1か月前の事前予告を行うことにより、本サービスを中断又は終了させることができます。
② 弊社は、システム障害及び保守、停電や火災などの天変地異、その他技術上・運営上の理由により、本サービスの提供が困難であると判断した場合、事前の予告なく即時に本サービスを終了させることができます。

第11条 免責

① 弊社の提供するサービスは本規約で定められたサービスに限られ、イベントの不開催の招待状の撤回その他の連絡などの作業は一切提供しないものとします。
② 弊社はホストについて、利用者の本規約違反もしくは禁止事項違反の有無、その他弊社の独自の裁量による判断によって、アカウントを開設及び削除することができ、その判断の内容について申込者・利用者に対して開示する義務を負わず、またアカウントを開設しなかったこと又は削除したことによって利用者に発生した一切の不利益・損害について、責任を負いません。
③ 弊社は登録ゲストについて、利用者の本規約違反もしくは禁止事項違反の有無、その他弊社の独自の裁量による判断によって、登録および削除することができ、その判断の内容について申込者・利用者に対して開示する義務を負わず、またアカウントを開設しなかったこと又は削除したことによって利用者に発生した一切の不利益・損害について責任を負いません。
④ ホストまたは登録ゲストによる登録情報・入力情報の誤り、変更の懈怠により生じた、出欠確認サービス上の誤り、その他の一切の結果について、弊社は一切の責任を負いません。
⑤ 招待状のデザインおよび記載内容、登録ゲストの連絡先その他の登録事項の誤りなど利用者の行為によって生じた不利益・損害について弊社は一切責任を負いません。
⑥ 利用者が弊社から提供されたID・パスワード、ホスト又はゲストに関する情報、その他秘密情報又は個人情報を第三者へ漏洩し又は目的外に利用した場合に利用者に生じた一切の不利益・損害について、弊社は一切の責任を負いません。
⑦ ホストが付与されたID・パスワードの管理不十分、第三者利用によって利用者又は第三者に発生した損害については弊社は一切の責任を負いません。
⑧ 本サービス上でやりとりされるメッセージや送受信されるファイルに個人情報等が含まれていた場合、それによって利用者が被った不利益・損害について、弊社は一切責任を負いません。
⑨ ホストが登録ゲストに招待状を送信する作業を行わなかった場合の結果について、弊社は一切の責任を負いません。
⑩ 本サービスに関わるものであると否とを問わず、ホストとゲスト、ゲスト間の一切のトラブルについては、弊社は一切の責任を負いません。
⑪ ホストまたはゲストが反社会勢力であることが判明した場合において生じた利用者の損害について、弊社は一切の責任を負いません。
⑫ 利用者が、本サービスを利用することにより、他の利用者又は第三者に対し不利益・損害を与えた場合、利用者は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとし、これらの一切の不利益・損害について弊社は一切責任を負いません。
⑬ 天変地異、インターネットのダウンなどの弊社に帰責性のない事象による本サービスの中断・終了、本サービスのシステム不具合や障害・中断やデータの消失・漏洩等により生じた不利益・損害等が生じた場合、本サービスの利用により利用者に生じた一切の不利益・損害について、弊社は一切の責任を負いません。
⑭ 利用者がWebサイトにアクセスし、利用し、ブラウジングし、又は文書、イメージ、画像、音声など(フリーランス又は利用者が提供する添付ファイルを含みますが、これに限られません。)をダウンロードすることによって、利用者のコンピュータ機器又はソフトウェアがウイルスに感染するなどの理由により損なわれても、それにより利用者が被った不利益・損害について、弊社は一切責任を負いません。

第12条 契約の変更

① 以下のいずれかの場合には、弊社はWebサイトへの掲載又は利用者への電子メールによる通知にて変更の効力発生日の1週間前までに変更内容および効力発生日を告知することで、利用者の許諾を得ることなく、本規約又はマニュアルを変更することができるものとします。
(1)その変更が利用者の一般の利益に適合する場合
(2)その変更が本サービスの目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事業に照らして合理的なものである場合
② 利用者が、前項の契約内容の変更告知後に本サービスの利用を継続した場合、当該利用者は契約変更を承諾したものとみなします。
③ 利用者が変更に承諾されない場合には、その旨を弊社に個別にご連絡ください。当社と利用者間の契約が解除されたものとして、第12条に準じて処理いたします。

第13条 通知方法

① 弊社から利用者に対する連絡(本規約に特に定めるものを除く。)は、当該利用者の登録した先へのSNSメッセージもしくは電子メールで行われるものとします。SNSメッセージもしくは電子メールが登録先に送付された連絡内容は、送付と同時に相手方に到達したものとします。
② 弊社から利用者への連絡は、前項の方法により送付先に連絡内容を送付すれば足りるものとし、これらの送付先の情報の誤りによる連絡の不到達については、弊社は一切責任を負いません。

第14条 準拠法および専属裁判管轄

弊社と利用者の間の一切の法的紛争は、横浜地方裁判所又は横浜簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

令和2年8月31日 制定